清水ゆかり
大阪生まれ。
帝塚山学院短期大学文学部英文科卒業

3歳でピアノをはじめる。
その後、エレクトーンに転向。
ヤマハエレクトーン指導グレード取得。
18歳でジャズに出会い、ジャズピアノを始める。
青柳誠氏、市川修氏、小曽根真氏に師事。

20歳から3年半のOL生活後、演奏家としての道を歩み始める。
関西を中心に活動。
2000年に東京に拠点を移し、関東を中心に日本全国でライブ活動を行う。

2000年 8月ファーストアルバム 「清水ゆかりピアノトリオ」発表
2002年 9月 セカンドアルバム 「Try a little tenderness」発表
2016年6月29日 サードアルバム 「Sol naciente 」発表

その他にも、さまざまなアルバムに、サポートメンバーとして参加
2014 年には、NYのジャズクラブやイベント、日本領事館で演奏

大好きなジャズのライブ演奏の他にも、
ミュージカルや歌謡曲、ポップス、シャンソン、ハワイアンなどなど、
さまざまなジャンルでの演奏も多く、
楽曲提供やアレンジなど、コンポーザー、アレンジャーとしても活躍している。

最近は、クインテットのバンド Hilarus mas tonto を立ち上げ、
今までの経験を生かし、オリジナルを中心に、
ジャンルを超えた選曲にオリジナルアレンジを施し、
定期的にライブを行っている。

楽しそうに弾いてるね。ピアノが歌ってるね。
と言われることが、もっとも嬉しくて、
楽しく、みんなの心に届く音楽を提供することを目標に
日々演奏している。